Reason 11 AU pluginのバグについて

先日、待ちに待ったReason 11のAU plugin対応を待って、持っていたReason 10を、Reason 11 Suiteにupgradeしました。

ところが…Logic Xで使うと、プロジェクトを再生するだけで、Logicを巻き込んで、クラッシュしてしまいます。

Reason Studios公式にログも送って問い合わせ中です。ログ解析するから、結果分かったら返答する、とは言われているものの、それから10日経った今も、未だ回答は返ってこず。待ち、の状態です。

向こうはクリスマス休暇かなあ。とはいえ、10日待たせるのはさすがに良く無いなあ…LondonにあるSpitfire Audioですら、レスポンス良かったのに。というか、Londonに住んでいた身としては、現地のサービス・サポート系の悪さが身にしみているので、寧ろSpitfire Audioの好対応には良い意味でびっくりしました。

今作っている曲、もう9割方完成していて、最後の味付けはReasonでやろうと思っていたけど、もう、Rewireで使いたくは無いからなあ。

まあ、Nexus3がリリースされたので、代わりにそれを使って仕上げようかな、と思っています。

最近は、せっせとボカロの調教をやっています。これについてはまたの機会に。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください